おすすめArduinoキットとLESSON記事はこちらから!click here

【体験談】受験勉強におすすめな勉強場所3選 メリット・デメリットは?

  • URLをコピーしました!
ひろ

独学って言っても、どこで勉強しようかな?

学生さんは放課後学校に残って勉強したり、塾の自習スペースで勉強することができます。

一方で社会人になると、なかなか専用の勉強場所確保が難しくなります。

そこで実際に筆者が電験三種の受験勉強を行った経験談を交えて、おすすめ独学勉強場所を紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 自分に合った勉強場所
  • 各勉強場所のメリット・デメリット
筆者:せでぃあ

<いつから受験勉強始めた?>
 大学卒業後、社会人になり転職して2社目のエンジニアリング会社に派遣社員として勤めてから、自身のステータスアップのために独学で勉強を始めました。

職歴についてはプロフィールを参照ください。

<1回の受験で合格した?>
 いいえ、通算で4回受験しています。年1回の受験機会なので勉強開始から合格まで4年かかりました。

 1年目:4科目全部不合格
 2年目:「法規」に合格
 3年目:「理論」に合格
 4年目:「電力」「機械」に合格し、合格持越しの2科目と合わせて『合格者』となり第三種電気主任技術者免状を受領。

目次

自分にあった勉強場所を確認してみよう

おすすめ勉強場所探しフローチャート
おすすめ勉強場所探しフローチャート

筆者の独学経験を基に、フローチャートを考えました。

あなたのおすすめ勉強場所はどこになりましたか?

おすすめ勉強場所3選
  • 自宅
  • 図書館
  • ネットカフェ

筆者の体験談

私は平日仕事を終えてから勉強するときは「ネットカフェ」、仕事が休みである土日は「図書館」で勉強していました。

同居家族がいたので、自宅での勉強はほとんどしていません

せでぃあ

自身の性格や学習環境に合った場所を探そう

各勉強場所のメリット・デメリット

ここからは各勉強場所のメリット・デメリットを紹介します。

自宅

メリット
  • お金がかからない
  • とにかく自由

お金がかからない

自宅学習なのでもちろん無料です。

どれだけの時間勉強してもいっさい費用はかかりません。
(あたりまえですが・・・)

とにかく自由

また他人に迷惑をかけることもないので、自由です。

お菓子食べたり、ジュース飲みながら勉強することも可能です。

デメリット
  • 学習環境が悪いと集中できない
  • どれくらい勉強するかは自分次第

学習環境が悪いと集中できない

このデメリットに該当する方は、自宅学習をおすすめしにくいです。

学習環境が悪い要素
  • 一人で勉強できる個室がない。(同居人がいる場合)
  • 同居家族の生活音が気になる。(テレビ・電話等)

ただ部屋がちらかっていて、勉強スペースがない場合は掃除して環境を整えてください。

どれくらい勉強するかは自分次第

自宅学習の場合は勉強範囲・時間すべて自由です。

あらかじめ計画を立てて強い意志で勉強に臨まなければ、時間の割に学習成果が得られない可能性があります。

図書館

メリット
  • 学習環境が良い
  • その場で学習に使える書籍を借りられる

学習環境が良い

図書館はとにかく学習環境が良いです。

館内は静かで、周りの人も熱心に読書・勉強しています。

自分も頑張ろうという気になりますし、自分が今頑張っているんだという意識も持てます。

その場で学習に使える書籍を借りられる

図書館なので、勉強している内容に関わる書籍をその場で閲覧・借用することができます。

多数の書籍があるので、流し読みして合わなければ別のを探すということもできます。

本屋さんと違って買わなくてもよいため、お金もかかりません。

図書館によっては、貸し出し中の書籍を予約できます。

図書館で勉強するメリットは大きいです。

デメリット
  • 開館時間制限や休館日がある
  • 自習用の席が満席だと勉強できない

開館時間制限や休館日がある

開館時間や休館日があるため、自身の勉強に使える時間帯が合わないと図書館での学習は困難です。

あらかじめ図書館の開館時間や休館日を確認しておきましょう。

自習用の席が満席だと勉強できない

図書館は学習環境が非常にいいため、学生の受験シーズンは特に自習席の取り合いになります。

社会人専用の自習席が設けられている図書館もあります。

自習用の席を設けていない図書館もあります。

図書館で勉強することでのデメリットはあれど、メリットの方が大きいと感じます。

ネットカフェ

メリット
  • 多くの店舗で24H営業している
  • 食事やドリンクバーがある
  • 個室で集中して勉強できる

多くの店舗で24H営業している

最近では24H営業の店舗が多く存在しています。

夜遅い時間しか勉強時間が確保できない場合でも、ここなら勉強できます。

食事やドリンクバーがある

昼食・夜食時間をまたいだ学習も可能です。

勉強してのどが乾いたら、ホット・アイスドリンクを飲むことができて快適です。

個室で集中して勉強できる

個室を備えたネットカフェが多く、周りの目を気にせず勉強することができます。

デメリット
  • 利用料金がかかる
  • まんが・ネットサーフィンの誘惑がある
  • 店内で流れるBGMで集中できないことがある

利用料金がかかる

あたりまえですが、お金がかかります

最近はまとまった時間のパック料金もありますので、多少はコストを抑えることが可能です。

まんが・ネットサーフィンの誘惑がある

たまの息抜きにはいいのですが、まんがやネットサーフィンの時間が勉強時間を奪ってしまっては本末転倒です。

勉強するためにネットカフェを使うわけですから、誘惑に負けずに勉強に集中してください。

店内で流れるBGMで集中できないことがある

店舗にもよりますが、店内BGMの音量が大きいと勉強に集中できません。

スピーカーから離れた席に座るか、環境のいい店舗を選んでください。

まとめ

自分に合った学習環境を探そう

どの勉強場所もメリット・デメリットがあります。

そのなかで自分にとってメリットの大きいものを都度選択してください。

筆者のおすすめは図書館

筆者のおすすめは、学習環境が良い図書館です。

まわりで勉強している人も必死に勉強しており、それが自分のやる気にもつながってきます。

曜日限定になっても良いので、図書館に行くことが可能な日はぜひ図書館で勉強してください。

せでぃあ

勉強に集中できる環境が大切だね

応援ありがとうございます(^^)/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次