おもしろ工作・プログラミング動画配信中!せでぃあのYouTube

男で派遣社員はやばい?これが抜け出せないままの人が辿る行く末です

男で派遣社員はやばい?これが抜け出せないままの人が辿る行く末です
  • URLをコピーしました!

この記事内には、プロモーションが含まれます。

こんにちは、せでぃあ(@cediablog)です。

ひろ

男で派遣社員なのは、やばいですか?

このような悩みにお応えします。

この記事にたどり着いたあなたは、派遣社員という立場から抜け出せないことに不安を感じているのではありませんか?

まずはじめに、言わせてください。

いまやジェンダーレスの時代において、「男だからやばい」とか、「女だからやばくない」なんて考え方は無意味です。

私はかつて、大手エンジニアリング会社に派遣社員として5年間、産業機器の電気回路・ソフトウェア制御設計業務に従事してきました。

派遣元では正社員で雇用されていましたが、派遣先にとっては「派遣社員」でしかないのです。

私は国家資格である電験三種の取得を機にプライム企業に転職し、派遣社員からの脱出に成功しています。

あなたは、派遣社員としてこのまま続けていたら将来どうなるのか、考えたことはありますか?

本記事では、私が派遣社員の体験を通じて確信した派遣社員の行く末と、抜け出すための考え方を説明します。

せでぃあ

私には派遣社員のままでの、明るい将来像が描けませんでした。

この記事を書いた人
せでぃあ

✅大手エンジニアリング会社に、派遣社員として5年間勤務

✅電験三種合格を機に転職を決意

✅転職エージェントを活用し、プライム企業に転職成功

✅転職後の異動経験を経て、多様なスキルを身に着ける

この記事を読んでわかること
  • 派遣社員から抜け出せない人の特徴
  • そのままでいる人が辿り着く末路
  • 派遣という立場から抜け出すための考え方
目次

派遣社員とは

派遣社員とは、派遣元会社と雇用契約を結び、別の会社に労働者として派遣される社員のことです。

私は、派遣元会社では正社員という扱いで就職しました。

新入社員研修が終わるとエンジニア会社に派遣され、転職するまでの5年間派遣先での勤務が続きました。

毎日派遣先に出勤し、派遣労働者として働く。これが派遣社員です。

ひろ

勤務先が変わるリスクがあることが、やばい理由ですか?

派遣社員は、派遣先との契約が切れたり、派遣元が派遣先企業から撤退することで派遣先=勤務先が変わるリスクがあります。

派遣社員がやばい理由は、勤務先変動リスクだけではありません。

その他派遣社員ならではのデメリットが多く潜んでおり、将来のリスクについても把握しておかなければなりません。

せでぃあ

あなたは、派遣社員としての将来像を想像したことがありますか?

このあと、詳しく説明していきます。

派遣社員から抜け出せない人の特徴

かつて、私が勤務していた派遣先職場には多くの派遣社員がいました。

異なる派遣元から集められた派遣社員たちではありますが、基本的には派遣社員という境遇は変わらないと思います。

派遣社員が多く存在している職場で私が感じたことは、今の境遇に不満を持つ人と何も感じていない人で二極化していることです。

ここからは、私の身の回りにいた派遣社員から抜け出せない人の特徴を紹介します。

せでぃあ

私は派遣社員という立場が、苦痛でしかたありませんでした

派遣社員から抜け出せない人の特徴
  • 派遣社員という立場に満足している人
  • 派遣先の業務内容に満足している人
  • 将来のリスクについて、考えていない人
  • 転職することに抵抗感を持っている人

これらについて、詳しく説明していきます。

派遣社員という立場に満足している人

派遣社員は、デメリットしかないのですが、考え方次第では「気楽な立場」でもあります。

派遣社員の気楽なところ

昇進を意識しなくても良い
重い責任を背負わなくても良い
気軽に辞められる

昇進を意識しなくても良い

派遣社員は、派遣先で一定の評価付けはされているものの、派遣先では「派遣社員」という位置づけでしかありません。

派遣先での昇格もなければ、マネージャー職に就くこともありません。
(派遣会社の取りまとめ役になることはあります)

昇進するための、成果アピールや目標設定がないため、お気楽なのです。

せでぃあ

この昇進しないことが、給与格差につながってしまうのです

重い責任を背負わなくても良い

派遣社員であっても、責任感を持って業務に取り組むことは必要です。

しかしながら実質派遣社員は、管理するプロパー社員がついているため、そこまで気負う必要はありません。

気軽に辞められる

派遣社員が派遣先を去る理由は、以下のように1つではありません。

派遣先が変わる

派遣社員は、派遣先の職場に直接「辞めます」という必要はありません。

派遣元の会社側から派遣先に対して、「辞めます」と伝えてもらえば良いのです。

派遣先の職場に迷惑をかけるとか、そんなこと気にする必要もありません。

せでぃあ

私のときも退職の意思は、派遣元会社から派遣先に伝えてもらいました

派遣先の業務内容に満足している人

これは、私もずいぶん悩まされた要素になります。

私は電気制御設計を主業務として行っていましたが、仕事内容にはとても満足していました。

次々と仕様の異なる案件が手元にやってきて、設計図面を書いたりソフトウェアプログラムを作ったり、本当に設計って楽しい!と感じていました。

しかし、今の仕事が楽しいことだけに目を向けていてはならないのです。

せでぃあ

私の心の中にも葛藤がありました

将来のリスクについて、考えていない人

派遣社員という立場に、不満もなければリスクも感じていないという人が存在します。

正確に言うと、そんなこと考えてもいないという人がいます。

自分の人生なのに、先のことを考えないということ自体がリスクの象徴と言えます。

転職することに抵抗感を持っている人

少なからず誰でも、転職することでこれまでの環境からマイナス側に触れる要素があるのではないか?と不安な気持ちを持つと思います。

実際に私は、電気設計エンジニアとしての仕事内容にとても満足していました。

転職してしまったら、今のような楽しい仕事が出来なくなるかもしれない、と不安な気持ちを持っていました。

派遣社員という立場から変わろうとするには、ある程度の不安定要素を受け入れる覚悟が必要です。

せでぃあ

派遣の将来に対する不安感のほうが大きいですよね?

派遣社員のままでいる人が辿り着く末路

派遣社員のまま続けていると、辛くてみじめな末路があなたを待っています。

派遣社員の辛くてみじめな末路

格差社会の被害者になる
使い捨て労働者になる
派遣元・派遣先のお荷物社員になる

格差社会の被害者になる

20代のときは、そこまでプロパー社員との年収格差を感じません。

派遣社員の賃金カーブは頭打ち傾向になってくるため、年を取るにつれて昇給額の差が増します。

40代になると、プロパー社員との年収格差がはっきりとわかります。

転職のリミット目安は35歳と言われています。

40代でプロパー社員との年収格差に気づいたとき、時すでに遅しなのです。

派遣というシステムが生み出す、低所得者への末路に気づかなければ取り返しのつかない後悔が待っています

大手企業に派遣されて、そこで正社員として勤務しているような偽りの優越感に浸ってはならないのです。

せでぃあ

これは派遣社員である以上、避けて通れないリスクなのです

使い捨て労働者になる

派遣先から見た派遣社員の役割は、仕事量増減の調整役です。

派遣先企業内での職場のたらい回しなら良いですが、派遣先企業が転々とすることも十分あり得ます。

私はかつて、派遣元と派遣先での派遣レート交渉がこじれて、その派遣会社の社員全員が派遣先から撤退する事態を目の当たりにしたことがあります。

派遣社員は、派遣元・派遣先どちらから見ても、利益を出すための手段でしかないのです。

仲がいいとか悪いとか、そういう話ではありません。

派遣社員という立場に対してどう思っているのか?の部分に敬意を感じられるかどうか、が重要なのです。

せでぃあ

派遣社員は、「誰からも大切にされていない」と強く感じました

派遣元・派遣先のお荷物社員になる

派遣社員から抜け出せないまま続けていると、派遣先・派遣元どちらから見てもお荷物となります。

お荷物社員と言われてしまう要素を説明します。

派遣元からみたお荷物ポイント

基本給が上がりきって、コスパが悪い

派遣先から見たお荷物ポイント

派遣レートのわりにパフォーマンスが落ちてきている
年上なので使いにくい

派遣先に貢献すべく、一生懸命仕事をしてきた成れの果てがお荷物なんてひどいと思いませんか?

それでもあなたは、派遣社員を続けますか?

派遣社員から抜け出すための考え方

「派遣社員から抜け出せない人の特徴」に当てはまってしまったあなた!

ぜひ、これから挙げる考え方を実践してみてください。

派遣社員から抜け出すための考え方
  • 将来のありたい姿を想像する
  • 自分がプロパー社員に劣らない価値があることを認識する
  • このまま派遣社員を続けることのリスクを理解する

詳しく説明していきます。

将来のありたい姿を想像する

あなたは将来、どんな夢を見ていますか?

(一例)

課長、部長のようなマネジメント職で活躍したい
長期休暇を取って、海外旅行に行きたい
子供には留学をさせてあげたい
定年後にキャンピングカーを買って、日本中を旅したい

派遣社員のままでは、「お金・役職・安定」どれをとっても、プロパー社員よりリスクが大きいです。

将来どうなりたいか?を考えることで、派遣社員のままでは余裕がないことに気づけるはずです。

せでぃあ

派遣社員は不安定かつ、伸び代が少ないです

自分がプロパー社員に劣らない価値があることを認識する

自分のようなものが転職なんてできるはずがない、そんなことを思う必要は全くありません

あなたの持つ「人柄」「性格」「技術力」「特技」などの個性や能力は、派遣社員という立場とは完全に切り分けられる価値観です。

もし自分自身でもっと磨きたいスキルがあるのであれば、さらに磨きをかけることで自信につながります

派遣社員であろうとも、プロパー社員に劣らない価値を持っているのです。

せでぃあ

たまたま立場が違うだけ、そういうことです

このまま派遣社員を続けることのリスクを理解する

さきほど、派遣社員が辿りつくみじめな末路について紹介しました。

派遣社員という立場にいるだけで、ここまでのリスクを背負うのは割に合わないと思いませんか?

せでぃあ

今こそ脱派遣社員に向けて、立ち上がるときです!

資格取得は転職にマストではない

資格取得

私は電験三種に合格したら転職しようと考えていたので、合格した直後に転職エージェントに登録しました。

つまり、電験三種に合格していなかったら派遣社員のままだったということです。

転職経験者として言えるのは、その資格が転職のマスト条件でなければ、資格取得よりも転職実行を優先すべきということです。

プライム企業の正社員に転職した今の自分からみたら、すごくもったいない考え方をしていたと感じています。

資格取得を転職のきっかけにするともったいない理由
  • 転職する選択ができなくなる
  • その資格所有が強いステータスになるとは限らない
  • 若さという武器のほうが強い

詳しく説明していきます。

転職実行のハードルを上げる要因になる

その資格を持つことが採用試験の応募条件である場合を除き、資格取得を転職活動開始の条件にしてはいけません。

転職活動は、自分のキャリアアップにつながる将来に影響を及ぼす重要な活動です。

その重要なイベント開始の条件に、不必要な縛り条件を付ける必要なんてないはずです。

転職して自分の未来を変えたいのであれば、その気持ちだけで十分活動開始の条件は満たしています

また、希望する企業に応募して不採用になった場合でも、今の仕事を辞める必要もないです。

転職エージェントを活用すれば、仕事を続けながら秘密裏に転職活動を行いやすくなります。

その資格所有が強いステータスになるとは限らない

これも私の体験談からの思いですが、採用面接時に私の所有している電験三種という資格について特に触れられなかったです。

おそらく電験三種を持っていなくても面接結果は変わっていなかったと思います。

それはなぜか?

企業が中途採用募集する際に求めている条件が、それではなかったからです。

企業が採用にあたって求めるものは、企業ごとに異なります。

あなたの気になっている企業の採用募集ページを閲覧して、募集要項をチェックすることが大切です。

若さという武器のほうが強い

若さほど強いものはないと今でも感じています。

若い社員であれば、迎え入れる企業の職場からみても「扱いやすく」「育て甲斐がある」からです。

新しい知識を積極的に取り込んで成長したい、もっと活躍したい、そんなギラギラした目をもった若者を求める企業は多いと感じています。

せでぃあ

転職先でどう活躍したいのか?前向きなビジョンを持つことの方が大切です!

あなたが20代なら、引く手あまたの存在を活かさなければもったいないです。

自分の転職市場価値を確認しよう

CAREER
かな

私って本当に引く手あまたの存在なのでしょうか?

若さは最大の武器といえど、自分が転職市場でどれくらい価値があるのか不安になりますよね。

自分の転職市場価値を確認する方法としておすすめなのが、スカウト型転職サービスへの登録です。

あらかじめ職務実績・取得している資格などのアピールポイントや、転職先企業に求める年収などの待遇条件を登録しておくことで、あなたに興味を持った求人企業から転職オファーが届くサービスです。

今の自分が持つ職務経験・資格に対して、どんな求人企業が興味を持ってくれているのかを把握することで、現在のあなたの転職市場価値を感じ取ることができます。

せでぃあ

私も転職活動時にスカウト型転職サービスに登録していました。

おすすめスカウト型転職サービス

私が実際に登録していたスカウト型転職サービスは「リクナビNEXT」です。

ここからは、そのリクナビNEXTを含めたおすすめサービス2社を紹介します。

おすすめスカウト型転職サービス
  1. リクナビNEXT【転職活動者の8割が登録する王道】
  2. ビズリーチ【ハイクラス向け】

リクナビNEXT

リクナビNEXT
公式HPより引用

スカウト型転職サービスの大手で、実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しているくらい人気を集めているサービスです。

私も転職活動時にリクナビNEXTに登録し、求人企業からオファーメールを受け取っていました。

せでぃあ

まずは、気軽に登録してみてください

リクナビNEXTだけの限定求人がある

転職活動を進めるにあたり、より多くの企業から自分の職務経歴や資格を見てもらいたいですよね?

リクナビNEXT限定の求人が約85%もあるため、他のサービスと併用することでより効率的に転職活動を行うことができます。

グッドポイント診断で、あなたの強みを分析

グッドポイント診断は、リクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発した約30分でできる本格診断サービスです。

質問に答えていくだけで、あなたの強みを客観的に把握し自己分析することができます。

\ 転職者の8割が利用する王道サービス /

ビズリーチ

ビズリーチ
公式HPより引用

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サービスになります。

ハイクラスの求職者と求人企業をマッチングする、新しいタイプのハイクラス求人・転職サイトです。

ハイクラス転職に強い

年収1,000万円以上の求人が3分の1以上あり、経営幹部・管理職などのプロフェッショナル人材向け高年収求人を多数取り扱っています。

他の転職サイトでは出会えない希少な求人がある

累計導入企業数 22,300社(2022年10月現在)と多くの求人企業と提携しています。

企業と直接コンタクトを取ることができ、効率的な転職活動が可能です。

\ ハイクラス転職を目指すなら登録すべき! /

おすすめ転職エージェント5選

私が転職活動時に登録していた転職エージェントを含む、おすすめ5選を紹介します。

せでぃあ

クリックすると、詳細説明箇所にジャンプします。

20代理系の就職サポート【UZUZ】

20代の理系の就職サポート【UZUZ】

20代の理系出身者よ、今がチャンスだ!立ち上がれ!

転職したいという思いが少しでもあるなら、公式サイトを確認しないともったいないです。

20代×理系に特化した転職エージェント

カウンセリング、面接対策、書類添削などの時間が平均で20時間を越える、手厚いサポートが嬉しい!

あなたが内定獲得できるまで、徹底的にサポートしてくれます。

魅力的な実績があります

・就職支援実績35,000人以上
・就職活動を行った方の86%以上が、1社以上の内定を獲得
・先に入社した人の生の声を元に、入社後の働き方や満足度が分かる

ブラック企業を徹底排除!

UZUZが設けた厳しい基準により、ブラック企業を徹底排除しているため安心して企業選びができます。

例えばこんな企業を排除しています

・若手の離職率が高い
・残業時間が慢性的に長い
・ハラスメントをしている

UZUZから入社した方の定着率はなんと93%以上!

20代の理系出身者は、UZUZを利用してチャンスを掴んでください!

\ 93%以上の高定着率実績! /

リクルートエージェント

リクルートエージェント
公式HPより引用

これぞ王道!私が派遣社員からプライム企業の正社員へと転職した際に、お世話になった転職エージェントです。

求人数、運用実績共にトップクラスで、転職エージェント選びに迷ったら、ココに登録することをおすすめします。

業界最大級の非公開求人数

転職活動を進めるにあたり、より多くの企業から自分に合った転職先を選びたいものです。

リクルートエージェントでは一般公開している求人の他、20万件以上の非公開求人を取り揃えています。

充実した転職サポート

キャリアアドバイザーによる職務経歴書・履歴書の添削や志望企業への推薦など、様々な転職サポートを受けられます。
また、リクルートエージェント主催の「面接力向上セミナー」にも無料で参加が可能です。

各業界・業種に精通したキャリアアドバイザーが、 希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

\ 転職成功実績No.1の転職エージェント /

doda

doda
公式HPより引用

業界最大級の求人数

業界最大級である約18万件の求人からあなたに合った企業紹介を受けることができます。

取り扱い求人案件数が多いことで、新しい企業や業務内容との出会いが生まれる可能性があります。

毎週更新される求人特集や月曜・木曜日に更新される新着求人から、あなたに合った求人の検索と応募が可能です。

専任キャリアアドバイザーがサポート

キャリアカウンセリングを経て、求人紹介、履歴書・職務経歴書の書き方、面接のアドバイスを行い、転職先決定まであなたをトータルにサポートしてくれます。

電話やメール以外にも、LINEでアドバイザーとやり取りすることも可能です。

あなたの優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募してくれます。

\ 頑張るあなたを猛アピール! /

パソナキャリア

パソナキャリア
公式HPより引用

ハイクラス転職に強い

課長クラスから部長、上級管理職クラスの転職に強いです。

30代、40代のハイクラス転職(年収800万円以上)に強いことが特徴です。

年収800万以上の取扱い求人数は「約31,000件(非公開求人含む/2022年6月時点)」と多くのハイクラス求人案件を取り扱っています。

転職エージェント総合1位

オリコン顧客満足度調査、転職エージェント総合1位(4年連続/2019年〜2022年)の実績を持ちます。

\ ハイクラス転職エージェントなら /

UZUZ既卒

UZUZ既卒
公式HPより引用

UZUZ既卒は、主に10代〜20代のフリーター、既卒者向けの完全無料就職サポートサービスです。

UZUZ既卒のサポート対象者

・第二新卒
・既卒
・就職浪人
・大学中退
・フリーター
・ニート

20代の就職を徹底サポート

キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒です。

同じ経験をしてきているからこそ、あなたの気持ちを理解し、就職活動をするためのノウハウを伝えてくれます。

個別サポートとスクール形式を選択でき、内定獲得まで徹底サポートしてくれます。

UZUZのセールスポイント

・既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上
・入社後の定着率93%以上
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施

ブラック企業を徹底排除!

UZUZは独自の基準でブラック企業を徹底排除しているため、安心して企業選びができます。

10,000名以上の第二新卒の方との面談を通じて作り上げた、独自のブラック企業データベースを保有しています。

あなたが選考を受けている企業に関しても、ブラック企業査定を行えます。

20代という若さは最強の武器です。

いまこそ自分の納得できる道へと進んでいきましょう!

\ ここに登録できるのは20代の特権! /

かな

自分に合った転職エージェントを選択することが大切ですね!

学生さん向けのおすすめ就活サービスは、こちらの記事にて詳しく紹介しています。

転職エージェントを活用して、脱派遣社員を成功させよう!

空に向かって指をさす人達
この記事の内容をまとめると
  • 派遣社員として働く環境に満足していたら、ずっと抜け出せない
  • 派遣社員を続けることのリスクを想像することが、脱派遣の始まり
  • 自分のスキルを高めて、転職に対して自信をつけることが大切
ひろ

自分のありたい姿に向けて、転職を検討します!

最近はハイクラス求人も増えてきてはいますが、基本的に転職は若い方が有利です。

いかに若くして、派遣社員でいることのリスクに気づけるか?が重要です。

あなたの内に秘めた高いポテンシャルを発揮して、転職による脱派遣&年収アップが達成できることを応援しています。

あなたの転職活動の効率をアップさせるためにも、転職エージェントの活用を強くおすすめします。

せでぃあ

とにかく動き出すことが大切です!

脱派遣を目指すなら絶対に読んで欲しい!転職エージェントのおすすめ活用法を紹介しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

20代で派遣はもったいない!?

応援ありがとうございます(^^)/

男で派遣社員はやばい?これが抜け出せないままの人が辿る行く末です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次