おもしろ工作・プログラミング動画配信中!せでぃあのYouTube

子供向けおすすめロボット教室7選と選び方!プログラミング教室との違いも解説

後悔しない子供向けロボット教室の選び方 プログラミング教室との違いを詳しく解説
  • URLをコピーしました!

この記事内には、プロモーションが含まれます。

こんにちは、せでぃあ(@cediablog)です。

かな

ロボット教室を探しているのですが、選び方を教えてください。

このような悩みを解決します。

プログラミング教育は2020年より小学校で必修化となり、STEM(ステム)教育としてロボット教室が注目されています。

「STEM教育」とは、以下の頭文字をとった造語で新時代の教育プログラムです。
S:Science(科学)
T:Technology(技術)
E:Engineering(工学)
M:Mathematics(数学)

子どものうちからロボットやIT技術に触れて、将来的に科学技術の発展に役立つ人材を育てることを目的としています。

せでぃあ

ロボット教室はSTEMを遊びながら学べる最適な環境と言えます!

しかしながら、ロボット教室と言っても月謝、教材、カリキュラムも様々です。

入会金やロボキット購入費用が発生した後で「やっぱり自分の子供には合わなかった」と後悔したくないですよね?

私の子供は小学3~6年生までヒューマンアカデミーロボット教室に通っていました。

その経験談を踏まえて、後悔しないロボット教室の選び方おすすめロボット教室7選をご紹介します。

この記事を書いた人
せでぃあ

せでぃあはこんな人物です

✅プライム企業に勤める電気・機械設計エンジニア

✅親子の絆を深めるため、夏休みに子供と一緒に電子工作を製作

✅Arduinoプログラミングを用いて作ったプログラミング電子工作「信GO機」が市の発明くふう展で「優秀賞」を受賞

✅本ブログにてArduinoスクラッチプログラミングLESSON記事投稿中

✅YouTubeチャンネル「せでぃあブログちゃんねる」運営中

長男のご紹介

✅寮生活を送る高専生(機械工学)

✅ロボット研究部に所属

✅小学3~6年生までロボット教室に通う

✅レゴ作りが好き

ヒューマンアカデミーロボット教室に通っていました
この記事を読んでわかること
  • ロボット教室で学べる事
  • ロボット教室の選び方
  • ロボット教室のメリット・デメリット
  • おすすめロボット教室7選

幼児から通えるおすすめロボット教室を紹介しています!

目次

ロボット教室について

ここからはロボット教室について、どんな学習をするのか?なぜ子供にプログラミング教室を受けさせることが大切なのか?について解説していきます。

ロボット教室とは

ロボット教室とは、ブロックやモーターなどの電動機を組み合わせてロボットを作り、そのロボット動かすためのプログラムを作る学習を行う体験型スクールです。

自らが実際に「やってみる」ことで、体感的に学ぶことができる特徴があります。

アーテックエジソンアカデミーのカリキュラム例
アーテックエジソンアカデミーのカリキュラム例

また、プログラム言語もブロックプログラミングという、文字列を使わないプログラム言語が採用されています。

まだアルファベットを理解していなくても問題なくプログラミングすることが可能です。

アーテックエジソンアカデミーのプログラム画面の例
アーテックエジソンアカデミーのブロックプログラムの例

なぜ子供にロボットプログラミング教育が必要なのか

子供にロボットプログラミング教育が必要な理由は、これから起きる時代の変革に適応するためです。

でにセルフレジや、お問い合わせ対応等においてロボットやAIが台頭し始めてきています。

人間でなければ対応できない技術力を持たなければ、ロボットやAIに仕事を奪われてしまいます

だからこそ、技術力や想像力を身に着けてロボットやAIに負けない力を身に着けることが大切なのです。

そのために必要な教育がSTEM教育であり、子供におすすめなのがロボット教室になります。

プログラミング教室とは何が違うのか

ロボット教室と比較されるSTEM教育として「プログラミング教室」があります。

プログラミング教室では、主にゲームを作る、アプリを作る、学習ゲームで学ぶカリキュラムで学習することができます。

プログラミング教室は、「パソコンに向かって学習するスタイル」に対しロボット教室はロボット作りとプログラミングの両方が体験できる「体感的学習要素が取り込まれた学習スタイル」が特徴になります。

上記がロボット教室とプログラミング教室の大きな特徴の違いであり、お子様に合うか合わないのかに強く影響する特徴になります。

せでぃあ

私の子供はレゴブロック遊びが大好きだったので、ロボット教室と相性がとてもよかったです!

ロボットプログラミング学習方法は?

ロボットプログラミングの学習手段は、ロボット教室に通うことだけではありません。

それでは具体的にどんな方法があるのか?その一例を紹介します。

ロボットプログラミング学習手段の例
  • ロボキットを購入して独学する
  • マイコンを使った電子工作を作って独学する
  • ロボット教室に通う

ロボキットを購入して独学する

自宅で学習できるSTEM教育向けのプログラミングロボットが、販売されておりこれを使った自宅学習が可能です。

子供の年齢に合わせたプログラミングロボットが販売されているので、子供の成長に合わせた難易度のプログラミングロボットを選ぶことができます。

せでぃあ

クリスマスや誕生日プレゼントとしてもおすすめです!

マイコンを使った電子工作を作って独学する

マイコンと呼ばれるプログラム可能な基板を使って、電子工作を作りながらプログラム学習することが可能です。

子供にとって、電子工作でロボットクラスのものを作るのは難易度が高いのである程度のプログラミングスキルが必要です。

押しボタンスイッチ(タクトスイッチ)を押したらLEDランプを点灯させるレベルであれば、簡単にプログラミングと電気配線まで行うことが可能です。

せでぃあ

夏休みの課題研究向けにチャレンジしてみるのはいいと思います!

初心者におすすめのマイコン「Arduino(アルドゥイーノ)」に興味がある方は、こちらの記事をごらんください。

ロボット教室に通う

アーテックエジソンアカデミーのカリキュラム例
アーテックエジソンアカデミーのカリキュラム例

ロボット教室に通って、ロボット作りとプログラミング両方を学ぶ方法になります。

ロボット教室に子供を通わせる一番の利点は「専門教育を受けた指導員が教えてくれる」ところです。

一般的な学習と違って、ロボット教育分野は親よりも子供のほうが詳しいこともありますので子供の質問に答えられる指導員の存在は非常にありがたいものです。

また、ロボット作りとプログラミング両方を効率よく学ぶことができます。

せでぃあ

ロボット教室の活用がいちばんおすすめです!

ロボット教室のデメリット

ロボット教室に通うことのデメリットについて紹介します。

デメリット
  • ロボット教材の初期費用がかかる
  • 学習ステージアップに応じて、追加パーツ費用がかかる場合がある
  • 教室までの送迎が必要(通学型の場合)

ロボット教材購入などの初期費用がかかる

ロボット教室であるがゆえに、ロボットや周辺機器の購入費用も必要になる場合があります。

そのためか、一般的なプログラミング教室と比べて初期費用が高い傾向があります。

また、ロボットや周辺機器のトラブルが起こることがあります。

トラブルが発生した場合に修理や交換を行うためのサポート体制が整っているかどうかも重要です。

学習ステージアップに応じて、追加パーツ費用がかかる場合がある

お子様の習熟度に応じた最適な教育内容を提供するために、プログラミング学習コースがベーシック・アドバンス等に分かれていることが多いです。

お子様の習熟度が増して、学習コースのステージがアップした際により高いレベルの学習を行うための教材を購入する必要がでてくる可能性があります。

ロボット教室選びを検討する際は、追加費用発生イベント有無について確認しておくことをおすすめします。

長男

一部のパーツを紛失してしまい、そのパーツだけ再購入しました

教室までの送迎が必要(通学型の場合)

教室まで送迎する必要があるため、仕事をしている場合は仕事を早くあがる等の都合をつける必要があります。

通学型の教室を選択する場合は、自宅の近くに教室を見つけられれば負担感も小さくなると思います。

ロボット教室のメリット

ロボット教室に通うことのメリットを紹介します。

ロボット教室がおすすめな理由
  • 身近な存在であるロボットに興味を持ちやすい
  • プログラミングだけでなく、STEM教育も学ぶことができる
  • 創造力や発想力を伸ばすことができる
  • 課題・問題解決力を伸ばすことができる

身近な存在であるロボットに興味を持ちやすい

ロボットは、身近な存在であるため、小学生にとって興味を持ちやすい存在です。

ロボットプログラミング教室では、子どもたちが自分でプログラムを作成し、ロボットを動かすことができます。

また、ロボットが動いたときには、自らの手で作り上げたものが動いているという感動を味わうことができます。

ロボット教室が体感型であることが、お子様に興味を持たせる大きなポイントと言えます

プログラミングだけでなく、STEM教育も学ぶことができる

ロボットプログラミング教室では、プログラミングだけでなく、STEM教育(Science, Technology, Engineering, Mathematics)も学ぶことができます。

ロボットプログラミング教室では、ロボットを作る際に、機械工学や電子工学、数学的な知識を学ぶことができます。

これらの知識は、AIに負けない技術力を身に着けるために必要な重大な要素となります。

創造力や発想力を伸ばすことができる

ロボットプログラミング教室では、自らプログラムを作成することにより、創造力や発想力を伸ばすことができます。

また、ロボットの動きや動作の順序(シーケンスと言います)を考えることで、より自分たちのアイデアを具現化するスキルが身に付きます。

この想像力こそが、人間の持つ大きな強みであると考えます。

課題・問題解決力を伸ばすことができる

プログラミングにはミス(バグ)はつきものです。

自ら作成したプログラムで動作がうまくいかない場面に遭遇したときに、どの動作が希望する動作と違うのか?どうやったら解決できるのか?を考えることで、論理的思考力や問題解決能力を伸ばすことができます。

以上のように、プログラミング教室は小学生にとって様々なメリットがあるためおすすめです。

将来的には、より高度なプログラミングスキルを身につけることが必要になりますが、ロボット教室が良いスタート地点になれば素晴らしいことだと思います。

子供にとって、いかに楽しみながらプログラミング学習を行う環境を作れるか?が重要です。

せでぃあ

遊びながら学習することで、自然と知識を取り込むことが可能です

ロボット教室入会までの流れと教室の選び方

ここからは、プログラミング教室入会までの流れと教室の選び方を説明します。

大切なのは、お子様に合ったプログラミング教室を選ぶことです。

ロボット教室を探す条件として「楽しく学べる」がとても重要な要素になります。

そこで重要になるのが体験授業に参加して楽しく学べそうか体験することです。

STEP
ロボット教室を探す

数あるロボットプログラミング教室の中から、お子様が楽しく学べそうな教室をピックアップします。

ロボット教室選ぶポイントは大きく3つあります。

  • 自宅から通える距離か
  • 入会費と月謝はいくらかかるか?
  • 子供が楽しんで学べそうか

自宅から通える距離か

ロボット教室は毎月通うことになるため、自宅から教室までの距離はお子様を送迎する親御さんの負担感につながります。

共働き世帯の場合は仕事が終わって、お子様を教室の開始時間までに送り届けられそうか?を基にした許容できる距離を把握しておく必要があります。

入会費と月謝はいくらかかるか?

ロボット教室であるがゆえに、ロボットや周辺機器の購入費用も必要になる場合があります。

特に入会時は、初期費用と月謝のダブルで支払いが必要になるため経済的負担も大きくなります。

どれくらいの費用がかかるか把握して、継続的な支払いができそうか確認しておきます。

お子様が通う教室やカリキュラムに応じて価格が変動することもあります。

子供が楽しんで学べそうか

これについては、ロボット教室のホームページなどをお子様に見せてやってみたい気持ちがあるか?確認してみてください。

やはり体験してみないと自分に合うかどうかわからないので、体験授業に参加してからお子様の気持ちを確認することが大切だと考えています。

STEP
体験授業に参加

まずは体験授業に参加して、どんな授業形式なのか体験してください。

そして授業中のお子様の反応を見たり、体験した感想を聞いて楽しく学べそうか?確認してください。

また、初期費用や授業料といった費用面についても確認してください。

入会に関して不明な点があれば、このタイミングで確認します。

兄弟割引などのキャンペーン情報も入手しておくことをおすすめします

STEP
入会の申し込み

通学する意志が固まったら、入会手続きをします。

体験授業後の特典に期限がある場合は、期限に注意してください

STEP
授業スタート

楽しいロボット教室への通学がスタートします。

せでぃあ

お子様のがんばりを応援してあげてくださいね!

おすすめロボット教室7選

ここからは、ロボット教室の紹介になります。

お子様の求める学習内容、ご家庭の環境に合わせて教室をピックアップしてください。

2023年3月に筆者が調査した情報になります

ロボット教室7選
  • ヒューマンアカデミー
  • アーテック自考力キッズ
  • アーテックエジソンアカデミー
  • Crefus(クレファス)
  • ロッボクラブ
  • LITALICOワンダー
  • ロボ団

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーロボット教室
公式ページより引用

全国に1400教室以上を持つ大手ロボット教室で、私の息子も通っていたスクールです。

ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」の開発者である、高橋智隆先生が学習教材の監修をしていることが特徴です。

オリジナルブロック+ワークで専門的な内容も体系的に無理なく学ぶことができます。

長男

私は4年間このスクールに通っていました!

スクロールできます
項目説明
対象年齢年中・年長    :プレプライマリーコース
幼児~小学校低学年:プライマリーコース
小学生      :ベーシックコース
         :ミドルコース
小学校中学年   :アドバンスコース
回数と時間月2回×90分
入会時費用(税込)入会金11,000円+ロボキット代33,000円
月謝(税込)授業料10,340円+テキスト代550円
ヒューマンアカデミーロボット教室の情報

ミドルコース、アドバンスコース進級時に追加キット代が必要になります

↓公式サイトはこちらから

>>ヒューマンアカデミーロボット教室

アーテック自考力キッズ

アーテック自考力キッズは、全国40都道府県に約500もの教室があります。

対象対象年齢が「年長~小学校低学年」となっており、知育教育が意識されたカリキュラムになっています。

能力開発系の人気コンテンツである

パズル
ロボット
プログラミング

の3つを学習することができます。

カリキュラム終了後、アーテックエジソンアカデミーへの移行も可能です。

教室の特徴
  • 年長~小学校低学年向けの知育教室
  • パズルとロボットとプログラミングと3つの習い事ができる
  • 3年間の教育カリキュラム
スクロールできます
項目説明
対象年齢年長~小学校低学年
回数と時間月3~4回×60分
入会時費用(税込)入会金:12,000円前後
教材費:30,000~40,000円
月謝(税込)授業料:12,000円前後
アーテック自考力キッズの情報

アーテック自考力キッズは、フランチャイズ展開しています。

教室ごとに初期費用や月謝が異なるため、個別に問い合わせ確認が必要です。

せでぃあ

体験入学時に詳細確認してください

↓体験教室の申込はこちらの公式サイトから

>>アーテック自考力キッズ

アーテックエジソンアカデミー

アーテックエジソンアカデミー
公式ページより引用

加盟教室数が全国45都道府県、約900教室に広く展開しているプログラミング教室です。

学校教材メーカーであるアーテックが長年教育現場で培ったノウハウを活かし開発したロボット教材と、「スクラッチ」をベースにロボット用に改良したプログラミング環境を使ったオリジナルのカリキュラムが準備されています。

プログラミング・教材調査で5冠を達成した実績があり、国際大会(URC)に出場することも出来ます

スクロールできます
項目説明
対象年齢8歳以上
回数と時間月2回×90分
入会時費用(税込)※教室により異なる
月謝(税込)※教室により異なる
アーテックエジソンアカデミーの情報

フランチャイズ経営のため、教室によって入会費や月謝が異なります

詳しくはお近くの教室にお問合せください。

入会時に専用教材の購入が必要です

↓お近くの教室検索はこちらから

>>【公式】エジソンアカデミー

対象年齢が年長~の自考力キッズを含めて、学習内容を紹介しています。

Crefus(クレファス)

Crefus(クレファス)
公式ページより引用

Crefusはレゴを使ったロボット製作を通じ、楽しみながらプログラミングを学ぶ教室です。

イード・アワードの3部門で受賞しています!
◎講師が良いプログラミングスクール
◎面倒見が良いプログラミングスクール
◎子供の成長を実感できるプログラミングスクール

世界最大級のロボット競技会「FLL(ファースト・レゴ・リーグ)」に、日本代表として毎年出場しています。

スクロールできます
項目説明
対象年齢年長~小2:Kicksコース×3クラス
小3~  :Crefusコース×3クラス
回数と時間月4回×90分 ※年間42回
入会時費用(税込)入会金16,500円
月謝(税込)授業料9,900円+教材1,100円+維持費1,100円
Crefus(クレファス)の情報

入会時に専用教材の購入が必要です

↓公式サイトから体験教室への申し込みが可能です

【Crefus】

ロッボクラブ

ロッボクラブ
公式ページより引用

お子様の習いごとに「英語」も「プログラミング」も検討中の方におすすめな、プログラミング教室です。

外国人講師と英語で学ぶことで、プログラミングスキルだけでなく英語も学ぶことができるため将来の可能性を広げます。

日本語サポートありなので、英語の知識0からでも大丈夫です。

スクロールできます
項目説明
対象年齢小学生~
回数と時間月2回×90分
月4回×90分
入会時費用(税抜)入会金10,000円
月謝(税込)月2回コース:13,800円
月4回コース:19,800円
ロッボクラブの情報

体験会から1週間以内の入会で、初回支払いが安くなります。
月2回コース:13,800円⇒10,000円
月4回コース:19,800円⇒15,000円

体験会に参加するには500円(現地支払)の費用がかかります

↓体験教室への申し込みはこちらから!

英語で学ぶロボット教室「ロッボクラブ」
せでぃあ

気になることがあれば、体験入学時など入会前に教室へ質問して下さい

LITALICOワンダー

LITALICOワンダー
公式ページより引用

お子さまの興味や得意、ペースに合わせて、1人ひとりカリキュラムを考案する「オーダーメイドカリキュラム」を提供していることが特徴です。

体験授業(60分)を無料で2コマまで受けることが可能です。

スクロールできます
項目説明
対象年齢年長~小3:ロボットクリエイトコース
小3~  :ロボットテクニカルコース
回数と時間月4回~×90分
入会時費用(税込)入塾金16,500円
月謝(税込)授業料7,425円
LITALICOワンダーの情報

コースに応じて教材費が必要になる場合があるため、最寄りの教室にお問合せください

↓公式サイトはこちらから

IT×ものづくり教室【LITALICOワンダー】

ロボ団

ロボ団
公式ページより引用

レゴ社が開発した子ども向けのSTEAM教材を用いてロボット制作とプログラミング学習を行います。

ロボ団では教室でロボットを貸し出ししており、ロボット教材の購入が不要であることが特徴です。

3年目まではビジュアルプログラミングで、4年目以降は実社会で使えるプログラミング言語Pythonを学ぶことができます

スクロールできます
項目説明
対象年齢年長        :KINDER
小1・2       :BEGINNER
小3~        :CHALLENGER
チャレンジャー修了者:CREATOR
クリエイター修了者 :INNOVATOR
回数と時間月3回×50分(~BEGINNER)
月3回×80分(CHALLENGER~)
入会時費用(税込)入会金11,000円
月謝(税込)KINDER   :8,909円
BEGINNER  :11,636円
CHALLENGER:14,364円
CREATOR  :14,364円
INNOVATOR :14,364円
ロボ団の情報

↓公式サイトにてお近くの教室が探せます

>>【公式】ロボ団

オンライン型のロボット教室について興味のある方におすすめの記事です!

まとめ

この記事の内容をまとめると
  • 将来のために技術力を身に着けておくことが重要
  • ロボット教室には想像力、考察力が身につく大きなメリットがある
  • 体験授業に参加して自分に合うかどうか確認することが大切
かな

まずは体験授業に参加してみます!

私の息子は、レゴブロック好きだったこともありロボット教室との相性がとてもよかったです。

お子様の才能を芽生えさせるためにも、ぜひ体験授業を受けてみてください。

あなたのお子様が一番楽しい!と思える教室に出会えることを心よりお祈りしています!

せでぃあ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あなたのロボット教室探しのお役に立ちたい、地域別のロボット教室紹介記事はこちら!

ロボット教室以外のプログラミング教室やオンライン型教室を含めたおすすめ教室17選もぜひご覧ください!

応援ありがとうございます(^^)/

後悔しない子供向けロボット教室の選び方 プログラミング教室との違いを詳しく解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次