Amazonのお得なセールを今すぐチェック!click here

派遣社員は終わってる?みじめな末路から抜け出す方法【体験談】

【体験談】派遣社員は終わってる?みじめな末路から抜け出しませんか?
  • URLをコピーしました!

こんにちは、せでぃあ(@cediablog)です。

かな

派遣社員としての将来が、不安になってきました

このような悩みにお応えします。

私はかつて、大手エンジニアリング会社に派遣社員として5年間、産業機器の電気回路・ソフトウェア制御設計業務に従事してきました。

派遣社員なんて、正直終わってると思います。

私は、派遣元会社では正社員として雇用されていました。

いくら派遣元では正社員であったとしても、派遣社員はデメリットが多く、おすすめできません。

今派遣社員としてのデメリットを痛感し、やめたいという気持ちが高まっていたら、それは正しい反応=脱派遣のチャンスです。

私は国家資格である電験三種の取得を機にプライム企業に転職し、現在安定した年収を得ることに成功しています。

そんな私の成功体験から、派遣社員のみじめな末路から脱出する方法をお伝えします。

せでぃあ

派遣社員をやめたい!そんなあなたに読んで欲しい記事です!

この記事を書いた人
せでぃあ

✅大手エンジニアリング会社に、派遣社員として5年間勤務

✅電験三種合格を機に転職を決意

✅転職エージェントを活用し、プライム企業に転職成功

✅現在年収800万円以上継続中

この記事を読んでわかること
  • 派遣社員が終わってると言われる理由
  • 派遣社員がたどる、みじめな末路
  • 私がみじめな末路から抜け出した方法

本記事の記載内容が私の実体験に基づく見解となっている点、ご理解いただけますと幸いです

目次

派遣社員とは

派遣社員とは、派遣元会社と雇用契約を結び、別の会社に労働者として派遣される社員のことです。

私は、派遣元会社では正社員という扱いで就職しました。

新入社員研修が終わるとエンジニア会社に派遣され、転職するまでの5年間派遣先での勤務が続きました。

毎日派遣先に出勤し、派遣労働者として働く。これが派遣社員です。

かな

勤務場所が派遣先になるだけかと思っていたら、大間違いでした

派遣社員は勤務場所が派遣先になること以外に、派遣先の正社員との扱いの違いや、派遣切りのリスクなどクリティカルなデメリットが多く潜んでいるのが実態なのです。

せでぃあ

派遣社員は本当に終わってると思います

派遣社員が終わってると言われる理由

ここからは、派遣社員が終わってると言われる理由3選を紹介します。

派遣社員が終わってると言われる理由3選
  • そのうち給料が上がらなくなる
  • 派遣先正社員(プロパー社員)との待遇差が激しい
  • 派遣元会社に利用されているだけ

そのうち給料が上がらなくなる

今順調に昇給している派遣社員の方がいたら、これだけは覚悟しなければなりません。

年齢を重ねるにつれて、派遣社員の給料は派遣先の正社員(プロパー社員)と比べて昇給幅が小さくなります

派遣社員はプロパー社員に比べて、基本給の伸びしろが少なく賞与は圧倒的に少ないです。

せでぃあ

若いうちはそこそこ昇給しますが、退職させないためのワナです。

給料が上がらなくなっていく理由について、説明します。

派遣社員の給料が上がらない理由

派遣社員の給料が上がらない理由は、派遣先との契約内容が原因です。

一定の派遣レート(時間給)×派遣社員が働いた時間=派遣元に支払われる報酬額

いくら派遣元では月給払いの正社員でも、派遣先との間では時給制なのです。

派遣先は安い労働力が欲しくて派遣社員を採用しています。

この派遣レートが青天井に上がっていくわけがありません

では、ボーナスはどこから支払われるのか?

派遣先からの収入から支払われます。だからボーナスが少ないのです。

これは人材派遣というシステムが生み出した負の遺産であり、格差社会の温床そのものと言えます。

せでぃあ

プロパー社員との格差が小さいうちに、これに気づけるかどうかが、脱派遣の重要なカギになります!

派遣先正社員(プロパー社員)との待遇差が激しい

これは派遣先に配属されてしばらくすると、いろんなところで気づくことになります。

労働組合に入れない
給料・ボーナスが少ない
食事補助などの補助金がでない

労働組合に入れない

派遣先に労働組合がある場合に限った話になります。

労働組合に入れないことで、各種割引優待や格安保養所の利用ができません。

一方で、組合役員や選挙活動に巻き込まれないところがメリットではあります。

当たり前ですが、派遣先の労働組合は派遣社員を守ってはくれないのです。

給料・ボーナスが少ない

派遣会社も、新卒の初任給だけは派遣先と同等レベルに設定されています。

そうでもしなければ、新卒社員が集まらないからです。

なので、給料がプロパー社員と少ないと感じるのは、入社してから10年以上経過してからというケースも少なくありません。

ボーナスはどうか?というと一年目の冬ではっきりと差が分かります

これは会社が設定する、年間ボーナス○か月に依存するからです。

派遣社員のボーナスが少ない背景は、先に述べた通りとなります。

かな

派遣会社のボーナスには期待できないということですね

せでぃあ

私の派遣社員のころのボーナスは、雀の涙でした

食事補助などの補助金がでない

ただでさえ、給料・ボーナスが少ないのに、私の会社では食事補助が出ませんでした。

毎日工場の食堂で食事をすると、月当たりおよそ20食分がボディブローのように効いてきます

かな

プロパー社員に食事補助があるなんて、不公平ですよ

なぜ、派遣会社は食事補助を提供してくれないのか?

それは先に述べた通り、原資が限られているからです。

もし仮に食事補助があったとしたら、その分ボーナスが少なくなるだけの話ということです。

せでぃあ

派遣会社の財源に余裕がないことが、わかっていただけたと思います

派遣元会社に利用されているだけ

派遣先でも格差を感じてつらい思いをするのですから、せめて自分が正社員として雇用されている会社だけは信じたいとおもいますよね?

ところが、ここにもまた派遣会社の終わってるポイントがあります。

若いうちは辞めさせないように必死
結局派遣コーディネーターと派遣スタッフの関係

若いうちは辞めさせないように必死

派遣会社に勤めているかたは「バーベキューイベント」「ビンゴ大会」「景品イベント」の経験はありませんか?

派遣会社はとにかく若手を辞めさせないように、仲良しイベントや景品バラマキイベントを駆使してきます

この資金源はどこから生まれてくるのでしょうか?

もうお分かりですよね。

結局派遣コーディネーターと派遣スタッフの関係

私が結婚するときに、派遣元の上司を招待しました。

すると、「コーディネーターとスタッフの関係と割り切っている」と断られたのです。

結局3名を誘い、3名ともお断りでした。

結局身内も仲間じゃなかった。

そう思った瞬間でした。

かな

こんな会社のために、働こうなんて思えないですよね?

せでぃあ

派遣元会社自体が終わっていたのです

それでもあなたは、派遣社員を続けますか?

私が実際に活用したリクルートエージェントを含む、おすすめ転職エージェント5選を紹介しています。

派遣社員がたどる、みじめな末路

派遣社員の終わってるポイントが生み出す、みじめな末路をお伝えします。

派遣社員のみじめな末路

格差社会の被害者になる
使い捨て労働者になる
お荷物社員になる

格差社会の被害者になる

20代のときはそこまで感じないかもしれません。

40代になるころには、プロパー社員との年収格差がはっきりとわかるようになります。

派遣社員の賃金カーブは頭打ち傾向になってくるため、年を取るにつれて格差は広がります

転職のリミット目安は35歳と言われています。

派遣というシステムが生み出す、低所得者への末路に気づかなければ取り返しのつかない後悔が待っています

大手企業に派遣されて、そこで正社員として勤務しているような偽りの優越感に浸ってはいけないのです。

せでぃあ

労働者派遣の仕組みそのものが、格差社会を産み出しているのです

使い捨て労働者になる

派遣社員は、派遣先の仕事量増減の調整役の位置付けです。

派遣先企業内での職場のたらい回しなら良いですが、派遣先企業が転々とすることも十分あり得ます。

私はかつて、派遣元と派遣先での派遣レート交渉がこじれて、その派遣会社の社員全員が派遣先から撤退する事態を目の当たりにしたことがあります。

派遣社員は、稼ぐための手段=将棋の駒なのです。

せでぃあ

派遣社員は、永遠に「と金」になれない「歩」なのです

お荷物社員になる

派遣先でどんどん年老いていく派遣社員は派遣先、派遣元どちらから見てもお荷物となります。

派遣元からみたお荷物ポイント

基本給が上がりきって、コスパが悪い

派遣先から見たお荷物ポイント


これまで述べてきた内容を踏まえると、どちらもご理解いただけると思います。

それでもあなたは、派遣社員を続けますか?

\ まずはかんたん無料登録から! /

私の転職エージェントを活用した、転職体験談を紹介しています。

私がみじめな末路から抜け出した方法

私は派遣エンジニアからプライム企業に転職し、年収800万円以上を継続中です。

私がみじめな末路から抜け出した方法を、お伝えします。

私がみじめな末路から抜け出した方法
  • プロパー社員に負けまいと業務に打ち込んだ
  • 国家資格である電験三種を取得した
  • 転職エージェントを通じてプライム企業に転職した

プロパー社員に負けまいと業務に打ち込んだ

まずは、電気設計エンジニアとしての腕を磨きました。

私は制御盤制御回路設計をメインに行っており、実務を通じてハード・ソフト設計スキルを磨き上げていきました。

とにかく、エンジニアとしてプロパー社員に負けたくないという強い気持ちを持って、業務に臨んでいました。

その結果、特殊な業務を任されたり、若手の教育役を任されるポジションに就くことができました。

せでぃあ

技術者としてのモチベーションがアップしました

エンジニアとしてのスキルはプロパー社員に負けていない。

なぜ立場や待遇、年収で劣らなければならないのか、私のハングリー精神は強くなる一方でした。

かな

雑草魂に火が付いたんですね!

国家資格である電験三種を取得した

私が電験三種の独学に使った参考書

私は電気設計エンジニアとしてのステップアップを目的に、国家資格である電験三種の取得にチャレンジしました。

派遣社員として仕事をしながら、帰宅後にネットカフェに行ったり、土日は図書館に通って勉強していました。

電験三種に合格したら転職しようと心に決めていたため、あきらめずに勉強を続けられました。

そして4年間かけてようやく、電験三種に合格し転職活動を始める決断をしました。

せでぃあ

電験三種の合格は、電気技術者としての自信にもつながりました!

電験三種にチャレンジしてみたい方に読んで欲しい記事が、こちらです!

転職エージェントを通じてプライム企業に転職した

私は20代半ばにして、派遣社員のみじめな末路を確信していました。

このままでは人生負ける、派遣社員で終わりたくない脱派遣社員に向けた思いはとても強いものでした。

転職活動を始めるにあたり、エンジニア技術を生かし、派遣ではなくプロパー社員として働ける企業を探すことにしました。

結果的にプライム企業に転職することになりましたが、体力のあるプライム企業に転職することは、年収アップへの近道と言えると思います。

プライム企業などの大企業は、昇給・賞与が少ない=儲かっていない企業と判断され、株価も上がらない結果になるため一定上の水準を維持しようと必死になるからです。

私は、中途採用面接を受ける企業を2社(プライム企業は1社、もう1社は非上場)に絞り込み、最終的にはプライム企業である今働いている企業を受けることにしました。

プライム企業も倒産するリスクはあるため、転職先選びは慎重に行ってください。

せでぃあ

プライム企業も倒産するリスクはあるため、転職先選びは慎重に!

転職エージェントを活用

当時私には小さな子供がいたので、仕事を失うリスクを背負わずに転職活動をしたいと考えていました。

そこで活用したのが、転職エージェントです。

転職エージェントに登録すると、キャリアコンサルタントと呼ばれる担当者があなたに求人票の紹介をしたり、求人企業との質問やりとり、面接日調整などの代行業務をしてくれます。

せでぃあ

キャリアコンサルタントは、忙しい私にとってありがたい存在でした!

働きながら、多くの求人企業を探して転職活動するなら、転職エージェントの活用がおすすめです!

私は「リクルートエージェント」と「インテリジェンス(現在のdoda)」の2つの転職エージェントに登録していました。

そして先に面談を実施した、リクルートエージェントを活用して転職活動を始めることにしました。

その結果、現在勤めるプライム企業に出会い、年収800万円以上安定生活を手にすることができました

せでぃあ

転職エージェントの利用は無料ですよ!

リクルートエージェント

私が転職エージェント通じて転職活動した、体験談を紹介しています。

35歳を過ぎたら派遣社員からの脱出は不可能?

【経験談】派遣社員はデメリットしかない?底辺から勝ち組になる方法

かつては、35歳を過ぎたら求人がなくなる時代でした。

今は少子高齢化社会の背景を受けて、35歳を過ぎても転職できる市場はあります

あなたの磨き上げてきたスキル、積み上げてきた実績がアピールできれば、転職のチャンスにつなげられるかもしれません。

転職の決断は早いほうがいいのは事実ですが、転職エージェントに登録してキャリアコンサルタントに相談をしてみてはいかがでしょうか?

せでぃあ

もちろん、企業選びは慎重に行ってください

\ キャリアコンサルタントの活用がおすすめです! /

まとめ

この記事の内容をまとめると
  • 高い年収が欲しい人にとって、派遣社員は終わってる
  • 派遣社員のみじめな末路を想像することが、派遣社員から抜け出す第一歩
  • 働きながら転職活動するなら、転職エージェントの活用がおすすめ
かな

派遣社員をやめて、キャリアアップを目指すことに決めました!

最近はハイクラス求人も増えてきてはいますが、基本的に転職は若い方が有利です。

派遣社員のデメリットに気づいたあなたは素晴らしいですし、今が脱出のときです。

あなたの転職活動の効率をアップさせるためにも、転職エージェントの活用を強くおすすめします。

\ 私も利用した転職エージェントです /

せでぃあ

登録は無料ですので、ぜひ転職エージェントを活用してみてください!

この記事が、派遣社員のみじめな末路から脱出したいと願うあなたのお役に立てたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

応援ありがとうございます(^^)/

【体験談】派遣社員は終わってる?みじめな末路から抜け出しませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次